防災ハンドブック

藤田医科大学

防災については、別途配布した「防災ハンドブック」に詳細な情報と行動マニュアルが示されていますので、普段からたびたび目を通して、いざというときに落ち着いて行動できるようにしてください。また、初動の注意事項と緊急連絡先が書かれた「緊急対応カード」を名札ケースに入れて必ず携帯してください。まずやるべきことは次の三つです。災害時の初動マニュアルを熟知すること。指定避難場所を確認すること(学科ごとに決められています)。家族・友人との連絡方法を確認すること(三角通信網、伝言ダイヤルなど)防災・減災ハンドブックPDFダウンロード防災・減災ハンドブック(17MB)

被災者生活再建ノートを作成しました(日弁連)

これまで災害が発生する度に、被災した弁護士会では、臨時弁護士会ニュースを発行するなど、被災者に必要な公的支援制度(以下「支援制度」といいます。)を周知してきました。しかし、災害発生時に、被災した弁護士会が支援制度を網羅的に掲載した弁護士会ニュースなどの広報物をゼロから作成する負担は大きく、全般的な支援制度がまとまった冊子や、弁護士会等において編集可能な冊子のデータがあると、災害時に被災地弁護士会が対応しやすいという声がありました。また、相談担当弁護士が変わったとしても、被災者に継続的な相談が行えるように、相談内容の記録化と引継ぎの必要性も指摘されていました。日弁連では、これらの声を受けて、支援制度を一覧としてまとめるなどして、災害時の相談対応の基となる被災者生活再建ノート(以下「被災者ノート」といいます。)を作成しました。弁護士会および会員におかれましては、災害発生時の法律相談などに必要数をそのまま印刷してご活用ください。

◇災害対策研究会◇
災害図上演習を活用して実践的な防災対策を推進すること

◇ベストの危機管理とは◇
 ベストの危機管理

  ⇒危機に陥らないこと 被害を出さないこと

 セカンドベスト

  ⇒被害の最小化と早期生活再建・早期復旧

   ・臨機応変に的確な対応をとれるリーダー(人材の育成)

   ・備え:資機材、通信手段、移動手段、備蓄など

解説

・真の防災対策は「被災しないこと」、次に「救出活動・初期消火」

・「地震だ!避難だ!」は空爆後に旗を立てて防空壕に逃げ込むようなもの

・「津波避難成功!」は命を守れても「生活や人生は破壊」を意味する

・「快適な避難生活」ではなく「避難を必要としない生活」を目指すのが防災

・「要援護者の避難支援」は避難所が看取り室になるだけ。良き支援者たれ!