映画鑑賞と防災講演会 大川小学校の教訓に学ぶ ~安全確保は組織的に科学的に~

映画鑑賞と防災講演会

大川小学校の教訓に学ぶ

~安全確保は組織的に科学的に

日時:令和6年1月14日(日) 13:00~16:00

場所:弥富市総合社会教育センター 中央公民館ホール

近年大規模な水害が多発しており、今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。災害の経験を教訓として次に備えましょう。

今回は、「組織の防災力」をみんなで考えます。防災力を「個人の問題」に矮小化せず、「組織全体の防災力に高める」ための教訓として、映画「『生きる』大川小学校津波裁判を闘った人たち」を鑑賞します。

映画を見た後、講演と語りあいをします。

(内容)  ①映画「『生きる』大川小学校津波裁判を闘った人たち」の鑑賞

②講演「津波から命を守った学校の事例紹介」

③語りあい「弥富市でこの教訓をどう生かすか」

(参加者)  だれでも。(小学生未満の方は、保護者同伴でお願いいたします)

(参加費等) 弥富市内の方は無料 市外の方は500円程度のカンパをお願いします

(申込先)  ここをクリックして「申し込みフォーム」から入力してください

(主催)弥富防災・ゼロの会

映画「『生きる』大川小学校津波裁判を闘った人たち」

監督:寺田和弘 プロデューサー:松本裕子

協力:大川小学校児童津波被災遺族原告団、吉岡和弘、齋藤雅弘

映画「『生きる』大川小学校津波裁判を闘った人たち」

2022年文部科学省選定作品 東京都推奨映画 2022年/日本/16:9/カラー/124分

©︎2022 PAO NETWORK INC.

公式HP:https://ikiru-okawafilm.com/

(お勧めします)映画「『生きる』大川小学校津波裁判を闘った人たち」 原告遺族、代理人弁護士 会見

https://youtu.be/gvMgYT_XxI8

以下の詳しい内容はこちらからPDFでも見られます伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム 2024

今回は、「組織の防災力」をみんなで考えます

私たちは、様々な組織に属しています(会社、市役所、消防団、自治会、自主防災会、考え方によっては、家族という組織)。

学校は、最もありふれた組織の1つです。防災の面からは、「かけがえのない、多くの将来性のある命を預かっている組織」の象徴です。

災害時には、究極的に言えば、一人一人個人の判断で命を守る行動をとることが第一原則ですが、さりとて集団でいる以上、組織的に制約に縛られてしまいます。

大川小学校では組織的な備え・体制がとれていたのか

1つ目の地裁判決では、「主に現場の職員の行動」について判断が下されました。

重要なのは、2つ目の高裁の判決です。「組織としてどんな備えをして、組織として構成員がどのように動くか、事前に動けるようにしていたか」が問われたということです。

災害の現場では、様々な人がいます。うろたえてどうしようもない人、観察力・判断力・行動力がある人も、そしてその他大勢の大勢に従う人も。

どちらにしても、全員死んでしまうのか、多くの人が助かるのかは、事前の準備、組織的な体制ができているかどうかです。

この判決が鳴らした警鐘は、もちろん、学校現場では広く深く受け止めて欲しいのですが、日本中のすべての組織に対する警鐘として、日本人全員が広く深く受け止めるべきだと思います。

対象的に組織力で生き残った学校組織があります

石巻市には、在校した児童が全て助かり、なおかつ、近隣の住民も助かった門脇小学校の事例があります。校長先生のリーダーシップ、事前の指導が大川小学校と対照的だったのです。

これは校長先生1人の力でなく、教員も、児童も自ら考え、自ら責任を持って行動を取ることを、日ごろの指導方針として確立していたということです。

具体的には、防災訓練をマニュアル通りにやるだけではなく、訓練の後には必ず各自そして全体で反省をして、改良を重ねることが行われています。

紙に書いた「防災マニュアル」を実践的な災害時対応計画にバージョンアップをし、何よりも、各教員や児童が自ら判断して動く体制をつくり上げていったことです。

月並みですが、おそらくこれが大川小学校の教訓に対する答えの1つであるのだと思います。

もちろん、我々弥富市民が様々な組織の中で、どのように備えるのか、どのように動くかについては、皆さんの英知を結集して話し合いをしたいと思います。

シンポジウム開催報告】<大川小学校津波訴訟とその意義>から抜き書き

(2019年11月23日)

※髙橋眞氏(大阪市立大学教授)の講演から、重要と思われるポイントを抜き出し、整理して記載しました。

 

大川小学校事件控訴審判決の重要なポイント

  1. 校長等には安全に関するマニュアルを作る義務がある

保護者は児童を通わせる小学校を選べないという公教育のもとでは、この前提に、児童の安全が確保されていることが制度的に保障されていることがあると、判決で述べています。

安全が確保されていなければ、保護者は安心して学校に通わせられないということです。

学校保健安全法により、校長等は地震の際の危機管理マニュアルを作成する義務があり、実際に、危機管理マニュアルの作成は、市教委主催の会議と依頼文書により、大川小に対して具体的に指示されていました。

2.「組織力」で安全を確保する

安全を確保するという目的のためには、校長等の管理職だけでなく、すべての教職員の行動が大切です。各教職員は、現場においてそれぞれの担当する場所や子ども達を見ており、避難行動をするにあたっての具体的な問題点を、それぞれが持ち寄ることが可能であり、また期待されるからです。

さらに、各自の「自立」した行動だけでなく、「連携」があってはじめて「組織の強み」を発揮することができるのです。

ここで「自立」とは、言われたことだけを受け身で行うのではなく、自らの分担部分について、事故を防止するために問題意識をもち、必要なことを積極的に行うことをいいます。

組織運営においては、「連携」を可能にする条件をつくります。つまり遠慮なく疑問や提案の出せる場と雰囲気をつくることが必要となります。

  1. 現場を最もよく知る者として、専門的知見を「科学的」に活用する

平成16年に報告された宮城県の地震被害想定調査を基につくられた津波ハザードマップにおいて、大川小学校は津波の避難場所として指定されていました。

県の報告書の中で「市町村がこの中の津波浸水域分布図を用いて津波ハザードマップを作成する場合には、地元住民に対してワークショップを行い、住民と共に詳細なハザードマップを作成することが必要である」との指摘もあったにもかかわらず、地域の実情に即したより詳細な検討はされていませんでした。

この調査は宮城県が地震防災計画に活用する目的で行ったものであり、専門家はその目的に沿って仕事をしています。

つまり、あくまで部分的であって全体を把握したものではないということを念頭においておかなければなりません。

校長等は、堤防を越えて大川小に津波が襲来することを危惧し、裏山をも含めた第三次避難場所について話し合っていましたが、ハザードマップで安全だとされていたことから行動に移しませんでした。自分の持ち場である現場で危惧や疑問を感じた時は、これを提示して専門家に再検討を求めることが大事になってきます。

現場の危惧や情報と専門的な知見、この相互検証で事柄の全面的な、「科学的」な把握ができるようになります。

防災拠点 現地見学会を開催します

伊勢湾台風災害継承事業

伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム

(市のバス使用)防災拠点 現地見学会

伊勢湾台風から64年が経過し、近年大規模な水害が多発しており、

今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。

海部地域の生命線となる施設を見学します。

(日時)  令和5年12月26日(火)13:00から16:30

弥富市総合福祉センター(40トン給水タンク前)  集合 13:00

(場所)

① 弥富市総合福祉センター 40トン給水タンク・防災倉庫

② 海部南部水道企業団 佐屋配水場

③ ゼロメートル地帯広域防災活動拠点 (木曽三川下流域Ⅰ・愛西市)

(参加者)  だれでも。(小学生未満の方は、保護者同伴でお願いいたします)

(参加費等) 無料 事前申込必要(行事保険には加入していません。ご注意願います)

(申込先)ここをクリックして フォームから入力してしてください

定員25名に達したところで締め切ります。

(申込期限) 12月8日(金)

伊勢湾台風写真展

伊勢湾台風写真展

「弥富防災・ゼロの会」は、弥富市における専門性をもった防災ボランティアをネットワークする組織として、弥富市における防災の特徴、特に水害について普及啓発を行い、地域の自主防災会や行政その他関係団体との連携を計ってきました。

弥富市で特有の災害リスクに合わせた、自主防災活動支援をするために専門的な知識を持つ「弥富防災・ゼロの会」は、地区防災会の活動を媒介として促進することを目指していきます。

災害時における地域避難生活・運営及び地域の復興について、情報や人のネットワークを作り、現場主義での実現可能な対応策を、弥富市全体で取り組んでいきます。

期間:令和5年9月26日(火)から10月9日(月祝)

場所:弥富市民活動スペース

主催:「弥富防災・ゼロの会」

後援:弥富市防災会防災課

講演会を開催します!ゼロメートル地帯の水害対策最前線~浸水対応型まちづくりに向けて~

講演会を開催します!

ゼロメートル地帯の水害対策最前線

~浸水対応型まちづくりに向けて~

弥富市は64年前に伊勢湾台風(高潮災害)で長期間の湛水と広域避難を経験しました。近年大規模な水害が多発しており、今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。そこで、東京湾ゼロメートル地帯で進められている浸水対策のお話を聞いて、市民の皆さんに水害に備えていただくために講演会を開催します。

具体的には、浸水が起こっても確実に生命を守れるようにする「広域避難対策」だけでなく、水が引くまでの間、許容できる生活レベルを担保し、応急・復旧活動の拠点となる空間が配置された「浸水対応型市街地づくり」など、大規模水害対策のフェール・セーフを厚くする施策が検討・立案され、逐次実施されています。

この講座では、この先進的な取り組みを指導し、「事前復興まちづくり計画」策定など全国的にも活躍している東京大学の加藤孝明先生に、市民向けにやさしく解説をしていただき、その後、弥富市とこの地域の水害対策の動き、市民としての今後の対策について話し合います。

▼と  き  令和5年9月23日(土) 午後1時~午後3時30分

▼と こ ろ  弥富市まちなか交流館 弥富市市民ホール

▼内  容  ①東京湾ゼロメートル地帯の水害対策最前線

講師 東京大学 加藤孝明教授

②伊勢湾ゼロメートル地帯の水害対策の現状

▼主  催  弥富防災・ゼロの会

▼後  援  弥富市防災課

▼そ の 他  講演会での質問や災害に関する意見を募集しています

参考

https://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_tobou_fr_000066.html

事前復興まちづくり計画検討のためのガイドラインについて(2023年7月)

国土交通省では、地方公共団体が被災後に早期かつ的確に復興まちづくり計画を策定できるよう、平時から復興まちづくりのための準備をする復興事前準備の取組みを推進するため、平成30年に「復興まちづくりのための事前準備ガイドライン」を策定し、これまで、ガイドラインの周知・普及に努めてきました。

これにより、ガイドラインに基づく地方公共団体の復興事前準備の取組状況については、一定程度定着してきていますが、一方で、具体的な検討内容は、復興の体制や手順といった基礎的検討にとどまっているものが多く、今後は、復興まちづくりの目標や実施方針等の検討が求められます。

このため、国土交通省では、復興事前準備の取組みのうち、特に、復興まちづくりの目標や実施方針を検討し、事前復興まちづくり計画を策定することに焦点をあてた「事前復興まちづくり計画検討のためのガイドライン」を策定しました。

本ガイドラインでは、大規模な災害による被害を想定し、具体的な復興まちづくりの目標や実施方針等を検討する事前復興まちづくり計画について、検討の手順や必要な検討内容、留意点等をとりまとめています。

♢事前復興まちづくり計画検討のためのガイドラインについて (概要版)

♢事前復興まちづくり計画検討のためのガイドライン(本編・全体版)

わが国におけるゼロメートル地帯の高潮対策の現状(国土交通省)

https://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/past_shinngikai/shinngikai/takashio/051013/s4.pdf

「洪水災害多発時代におけるまちづくりを考える」東京大学生産技術研究所・教授東京大学社会科学研究所・特任教授加藤孝明(都市計画,防災,地域安全システム学)

https://www.mlit.go.jp/toshi/city_plan/content/001341487.pdf

浸水対応型市街地構想を策定しました(葛飾区)

https://www.city.katsushika.lg.jp/information/1000084/1030260/1032075/1020950.html

「浸水対応型市街地構想」~川の手・人情都市「かつしか」の実現に向けて~

東京都葛飾区都市整備部長 情野 正彦 (国土交通省のHP

https://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/r03/103/news_06.html

関連動画

葛飾区と水害(葛飾区公式チャンネル)

この動画では、川に囲まれた低地に位置する葛飾区の地勢、水害発生の仕組み、今後の水害リスクなど、水害を知る上で重要な項目を紹介します。

https://youtu.be/b6k5whoL4ZI?list=PLMhQomjvF0x8I7nJLinmZeGmOFXE0ncKp

迫りくる巨大台風の脅威~大水害から命を守る~(江戸川区公式チャンネル)

https://youtu.be/VFMU1mO92-g?list=PLMhQomjvF0x8I7nJLinmZeGmOFXE0ncKp

台風19号における江戸川区の対応(江戸川区公式チャンネル)

https://youtu.be/JOtjOU8HOGk?list=PLMhQomjvF0x8I7nJLinmZeGmOFXE0ncKp

伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム2022 開催しました

講演会   木曽川の高潮対策と避難行動

日時:令和月15日(日) 午後1時午後4時30分

場所:弥富市総合社会教育センター 中央公民館ホール

近年大規模な水害が多発しており、今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。そこで、今後想定される高潮災害に備え、水害の原因、対策などの報告を聞きます。

1 木曽川の高潮対策と広域避難 (国土交通省 木曽川下流河川事務所)

2 ゼロメートル地帯の防災対策(愛知県 海部県民事務所)

3 弥富市の防災活動 (弥富市防災課)

4 自主防災活動 (弥富防災・ゼロの会)

講演会   木曽川の高潮対策と避難行動

日時:令和月15日(日) 午後1時午後4時30分

場所:弥富市総合社会教育センター 中央公民館ホール

近年大規模な水害が多発しており、今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。そこで、今後想定される高潮災害に備え、水害の原因、対策などの報告を聞きます。

1 木曽川の高潮対策と広域避難 (国土交通省 木曽川下流河川事務所)

2 ゼロメートル地帯の防災対策(愛知県 海部県民事務所)

3 弥富市の防災活動 (弥富市防災課)

4 自主防災活動 (弥富防災・ゼロの会)

 

現地見学会(バス使用)海部地域・日光川の防災対策 実施しました

伊勢湾台風から63年が経過し、近年大規模な水害が多発しており、
今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。
雨水を排出する海部地域の生命線となる施設を見学しました。

(日時)令和4年12月23日(金)12:30から16:30
弥富市役所(正面玄関前)  出発 12:30
十四山支所(正面玄関前)  出発 12:45
現地集合の場合 (新孫宝排水機場) 13:00
(場所) 新孫宝排水機場、日光川水閘門、日光川排水機場

(参加者)21名(内 14歳1名 11歳1名)

(主催)弥富防災・ゼロの会   http://yatomi-bousai.info/

(後援)弥富市役所防災課

新孫宝排水機場(全景 除塵機)

ポンプの模型

電動のポンプの上部

タービン(重油)によるポンプの上部

地下の送水管(内径2.4m)

概要図

日光川水閘門全景

 

伊勢湾台風と近年の水害に学ぶ講演会を開催しました

「災害は忘れた頃にやってくる」の格言を活かすために、

地域の防災としてどう伝えれば、皆さんは自分事として考えるのか。

講演会を開催しました。

日時:令和4年9月25日(日) 13:30~16:30

場所:弥富市総合社会教育センター 中央公民館ホール

内容:① 伊勢湾台風(高潮災害)の原因、対策と避難行動

(弥富防災・ゼロの会)

② 災害の現場取材から見えた体験と教訓

(伊藤智章 朝日新聞記者 編集委員兼論説委員(名古屋))

③ 質疑・意見交換会

「災害は忘れた頃にやってくる」の格言を活かすために、

地域の防災としてどう伝えれば、住民は自分事として考えるのか。

後援:市役所防災課

主催:弥富防災・ゼロの会

伊勢湾台風と近年の水害に学ぶ講演会のチラシPDFはこちらから

開催趣旨:答えは現場にあった

弥富市が63年前に経験した伊勢湾台風(高潮災害)の経験が生きた形で継承されているでしょうか。あの災害は起きるべくして起きたと言われています。
(詳しくは講演会で)

63年間大きな災害が無く、経験が風化し、伊勢湾台風を知らない住民が大半です。

地域の防災としてどう伝えれば、自分事として捉えてもらえるでしょうか。

(一緒に考えましょう)

伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム2022 開催しました

伊勢湾台風災害継承事業

伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム

感染症対策のためオンラインで開催します。

スマホやパソコンを使えばどなたでもご参加いただけます。

オンライン報告会

   木曽川の高潮対策と避難行動

日時:令和4年1月16日(日) 13:00~16:30

参加費等:参加費無料 事前申込不要

近年大規模な水害が多発しており、今まで以上に地域防災力の重要性が高まっています。そこで、今後想定される高潮災害に備え、水害の原因、対策などの報告を聞きます。

1 木曽川の高潮対策と広域避難 (国土交通省 木曽川下流河川事務所)

2 ゼロメートル地帯の水害対策と広域避難 (愛知県 海部県民事務所)

3 弥富市の防災活動 (弥富市防災課)

4 自主防災活動 (弥富防災・ゼロの会)

事前アンケートにご協力ください以下のフォームから質問やご意見を入力してください

https://docs.google.com/forms/d/1avK6bhtRhmWESIuxquOvUo9T_z-bG2r3VBVgNDhyyco/edit?usp=sharing

オンライン学習会

  水害リスクと家庭の備え

日時:令和4年1月16日(日) 19:00~20:30

参加費等:参加費無料 事前申込不要

弥富市で想定される水害について、写真や地図などを用いてわかりやすく解説します。

講師:弥富防災・ゼロの会

事前アンケートにご協力ください以下のフォームから質問やご意見を入力してください

https://docs.google.com/forms/d/1x4EbKAaJ4QA0wF-8fwTFKg6grJCGJUASlEKPW58Efpc/edit?usp=sharing

オンライン報告会・オンライン学習会共通 参加方法か以下の通りです

(主催)弥富防災・ゼロの会

https://sites.google.com/view/yatomibousai/

(後援)弥富市防災課

現地見学会 尾張大橋・木曽川堤防の現地見学 活動報告

この地域で生命線となる施設、堤防のかさ上げ工事について専門家の説明を聞き、尾張大橋からJRの鉄橋までの堤防の様子を歩いて見ていただきました

参加者37名で、木曽川下流事務所の吉村課長からふだん聞けない解説をお聞きして、一層、防災意識が高まったと思います

現地見学会 尾張大橋・木曽川堤防の現地見学

日時:令和2年12月24日(木)13:00~15:00

場所:尾張大橋周辺

伊勢湾ゼロメートル防災フォーラム2021を開催しました

オンライン 水害の基礎講座

日時:令和3年1月24日(日) 10:00~11:30

講師:弥富防災・ゼロの会

内容:弥富市で高潮があったことなどについて、こどもでもわかるようにスマホ、タブレット、PCで見ていただきます。

オンライン 水害についてみんなで語ろう

日時:令和3年1月24日(日) 13:00~16:30

内容:各地で水害が多発しており、「地域の防災力」の重要性が高まっています。そこで、想定される高潮災害に備え「地域の防災力」を高めましょう。水害が発生される主な要因・対策・事例アンケートの結果の報告をします。

報告1: 木曽三川下流部広域防災ネットワークと木曽川の高潮、津波対策

話題提供者:国土交通省中部地方整備局 木曽川下流河川事務所

報告2: 愛知県の海部地域ゼロメートル対策と防災体制

話題提供者:愛知県 海部県民事務所長

報告3: 弥富市の防災体制と自主防災活動支援

話題提供者:弥富市 防災課

報告4: 自主防災活動アンケートの調査結果

話題提供者:弥富防災・ゼロの会

綜合討論:国・県・市・自主防災会やその他機関の連携、顔の見える関係づくりについて

進め方:各 話題提供30分 質疑討論15分

その他:会議室は午前中の「水害の基礎講座」以降も連続して開けておきます

話足りない方は、有志で16:30分以降、反省会としてオフレコの討論をします

オンライン開催(Web 会議システム「Zoom」を使用)

※Zoom を使用するので、事前にインストールをお願いします。また ビデオ通話が可能な環境〔PC もしくはタブレット・スマートフォン、wifi(スマートフォンの通信の場合、通信量が発生します)、カメラ、マイク〕が必要になります。

(主催)弥富防災・ゼロの会 (後援)弥富市防災課